購入する前に

主婦

最近は乾燥機を使う人が増えています。乾燥機を使えば、洗濯物を干す必要がなくなるからです。ちなみに乾燥機には電気もあればガスを利用したものもあり、その種類もさまざまです。そんな中、ガスを使った乾燥機に注目が集まっています。実際のところ、業務用ガス乾燥機は利用者のニーズに合わせていろんな形態があります。家庭で使うのならコンパクトなものが使いやすいです。コンパクトだと一度に沢山の洗濯物は乾燥ができないのではというイメージがあります。だけど、ガス乾燥機はガスならではのパワフルな乾燥を提供してくれます。コンパクトだけど、調べてみたら想像以上に乾燥できる量が大きいものもあります。購入する前には一度にどれだけの量が乾燥できるか確認しておくことが大切です。

選ぶポイントとして

洗濯機と服

業務用ガス乾燥機を選ぶにあたって気を付けなくてはいけないことが幾つか存在します。実際のところ、洗濯機より乾燥機の方が小型なものが多いです。その結果、洗濯機の洗濯量より乾燥機の乾燥量が小さくなります。なので、沢山の洗濯ものをする場合、何度も乾燥機を動かさないといけない可能性が出てきます。乾燥機の容量はチェックをしておく必要があります。業務用ガス乾燥機のいいところは例え、少量でも乾くのが早いことです。ただし、業務用ガス乾燥機の場合は設置場所にも気をつけましょう。電気の場合はコンセントが使える場所ならどこでも使用が可能です。対してガス乾燥機はガスを使うのでガスが使える場所が必要になるからです。

メリットとデメリット

洗濯機

実際、電気とガスのどちらが乾くのが早いのでしょう。比較してみたデータを見てみるとやはり、ガスの方に軍配が上がるようです。例えば、洗濯物を5㎏を乾燥する場合、ガスなら52分電気なら2時間半、中には4時間もかかります。理由はガスは高温で乾燥するからです。高温で乾燥するので除菌もできるところも業務用ガス乾燥機の利点となります。利点もあれば欠点もあります。一番の問題はコスト面でしょう。天日干しは干す手間や時間がかかるものお金はかかりません。ガスを使っている場合、ガス料金がかかります。次に設置場所が必要となります。ガスを使える場所と設置場所が限定することになります。使えない場合、ガスが使えるように工事が必要になります。その結果、工事費も必要となってくるからです。工事をする場合、状況によっては大掛かりなものになってしまう可能性もあります。ずばり、導入する前のハードルの高さになります。だけど、導入して悩んだものの、使用感に不安がない人も沢山います。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3